大阪でオススメの美容専門学校
2018年10月18日

美容クリニックで行われている埋没法とは

美容医療の技術の進歩により、施術内容が進化して価格が下がっているため、美容クリニックがより身近になっています。

また、一昔前と比較すると、美容クリニックの数が増加し、サービスと価格の競争が激しくなっているので、利用者にとってはうれしい現象です。なかでも、プチ整形と呼ばれるメスを使用しない埋没法のおかげで、気軽に目元の印象を変えることが可能になりました。髪の毛よりも細い医療用の糸でまぶたの裏を留め、目を自然に二重にします。まずはカウンセリングで、なりたい二重についてドクターと相談し、糸で留める場所や個所を決定します。

局部麻酔のおかげで施術中に痛みを感じることはなく、糸はまぶたに埋没されるので、眼球を傷つける心配がありません。抜糸の必要がないため通院や入院が不要で、施術時間は15分ほどなので、とてもスピーディーで、かつリーズナブルです。メイクや洗顔も、翌日から可能です。人によっては、数日間程まぶたが腫れることがありますが、他の施術方法と比較すると後遺症はきわめて少なく、自然に鎮静化するので心配はありません。

目をこする癖がある人などは場合によっては、糸が外れてしまう場合がありますが、それが逆にメリットとなり、術後の結果が気に入らなかった場合は、糸をとれば、元に戻すことができます。美容クリニックは、見た目を変える治療を行うだけでなく、コンプレックスを解消して前向きな人生が送れるよう後押ししてくれる心強い存在です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *